スポンサーリンク

人間トラブルの90%は二次災害。

人と関わっていると、
いろんなことが毎日毎日、起こりますやん?
 
 
その中で、まれに(まれじゃない人もいるけど)
誰かとトラブったり、ケンカっぽくなることも
あるかもしれない。
 
 
もちろん、だいたいの人は
 
「もめごと?上等!!!」
 
みたいな、ヤンキーピーポーじゃないと思うので
平和におだやかに過ごしていければ、と思ってるよね?
 
 
そんな中、あらめて考えてみると、
 
「人間トラブルの90%は二次災害」
 
だなぁ、なんて思うんだよね。
 
 
 
ここで言っている「二次災害」ってのは、
 
「誰かがやったことに反応して、
 その反応によって、さらに大きなトラブルになる」
 
ってな意味。
 
 
 
有名人が、ふと失言をしてしまった時、
その言い訳によって炎上しちゃうような。
 
 
誰かが言っていたスルーしてもいいような発言に
真っ向から反応して、大きな確執を生んじゃうような。
 
 
 
いやね。
 
 
もちろん、すべてが二次災害じゃないとは思うよ?
 
 
 
ビジネス上、経済上、人道上、
避けては通れないような問題もあるだろう。
 
 
また、いつも顔を合わせているような間柄で
いつもいつも、どちらかが我慢しているのは
「関係の健康性」は保たれない。
 
 
 
それを全部加味した上で、
「避けられる二次災害」ってのは、
まぁまぁ多いような気もするのだけれど、いかが?
 
 
 
ね。
 
 
自分の気持ちもコロコロ変わる。
 
さっきまでと全然ちがう捉え方をすることだって
毎日のようにあったりする。
 
 
 
そしてそれは、誰でもあること。なので。
  
 
 
相手が発した、あなたをイラッとさせる発言。
 
それは、もしかしたら
相手も心コロコロの中で、
たまたま発してしまったものかもしれない。
 
 
 
だったら、そんなのにいちいち反応するよりも
 
「発言スルー」
 
を選択した方が、二次災害を招かずに済む。
そんな「火消し」とか「火に油を注ぐ行為」は
いずれにしても無駄だからだ。
 
 
 
え?
 
 
もし、イラッとするような発言ばかりする人が
いるとしたら?
 
 
それはもう、
 
「発言スルー」じゃなくて、
「その人スルー」にすればいいんじゃないのかな?
 
 

そうもいかない相手も、いるかもしれない。
 
なのだとしたら、なおさらスルー出来る人は
スルーしておけばいいじゃないかな?
 
 
(スルーできない人への対応方法は、また別の時に)
 
 
 
いろいろなことが起きる昨今。
 
自分のご機嫌は、自分で作っていけるといいよね。
 
 
 
 
ではでは。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク